back alley

今日の晩ご飯は何にしようか?

風邪っぽいし、餃子でも食べようか、と嫁と話したおかげで商店街にある餃子の王将に餃子を買いに行ったときのこと。

なんとなくカメラを持って商店街の裏にある細い路地をあてもなく歩いていたら向こうの方に猫がいる。驚かさないように静かに目を合わせないようにしながら近づきつつ写真を撮っていると「にゃあ」と人なつこく寄ってきた。

頭を撫でるとうれしそうにしているが、よく見ると左耳が小さく欠けている。

これは不幸な野良猫が増えないようにボランティアが野良猫を捕獲して獣医さんが避妊手術をしましたよ、というサインである。

しばらく撫でているとこちらに走ってくる子供にびっくりしたのか、さっと路地の間の細い隙間に消えていった。

生粋の野良猫は人に心を許したりはしない。まして寄ってくることなどはない。

人のぬくもりなど知らないし、敵だらけの街で生きて行くには十分に用心する必要があるからだ。

しかし、あの野良猫は人のぬくもりを知っているようであった。そのことが意味することを考えると切なくてしょうがない。

warm hand, warm heart
Helios 44M6 58mm

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ (いつもありがとうございます。)

広告
  1. #1 投稿者: kazu_hiro (2011年2月7日 - 12:37 pm)

    ネコやワンコを捨てるなんて・・・・
    これ以上不幸な動物たちが増えないよう祈りたいです。

    • #2 投稿者: mos (2011年2月7日 - 2:28 pm)

      残念ながらそういった飼い主は後を絶ちません。
      学生時代に実習で保健所関連の施設に行ったのですが、そのうち一つがそうした犬・猫達の処理場でした。
      彼らの目を忘れることはできません。

  2. #3 投稿者: しろい石ころ (2011年2月7日 - 2:34 pm)

    こんばんは
    Heliosの描きだしたトーンとmosさんの投稿内容が相まってその猫の視線に哀愁を感じました。

    • #4 投稿者: mos (2011年2月7日 - 3:36 pm)

      こんばんは。
      Heliosってやたらと安いけど良いレンズだと思います。
      そのときの感情をうまくのせられるような錯覚をおぼえる不思議なレンズかな、と思うことが多いです。

  3. #5 投稿者: ひろ (2011年2月7日 - 3:36 pm)

    初めて知りました。
    たまにそんな猫を見かけるんですが、
    喧嘩の代償やと思ってました。

    • #6 投稿者: mos (2011年2月7日 - 4:04 pm)

      こんばんは。
      雌は左耳、雄は右耳にするそうです。
      これが目印になってボランティアの人が再びその猫を捕獲することが避けられるそうです。
      そうしたボランティアの人達、受け入れる獣医さん達には頭が下がります。

  4. #7 投稿者: ハッセルじいちゃん (2011年2月8日 - 12:45 am)

    耳に札をぶら下げたり 焼印を押されたり、猫は耳をカットですか。
    「喉元過ぎれば・・」とは云いますが、動物にとっては どんな思いだったのでしょうね。

    以前 尼崎の商店街の一角、「シャッター市場」を写しに行きましたが、その路地裏に沢山の猫が「野良」と化していました。
    エサになるものは 何も無かったのですが、人恋しいのか 寄ってきました。

    風邪の方はどうですか。
    こじらせない様にしてくださいね。

    • #8 投稿者: mos (2011年2月8日 - 1:17 pm)

      野良についてはいろんな意見があってしかるべきだと思います。
      結局は不幸な野良猫が増えなければいいのではないか、と。物言えぬ命あるものに対する尊厳が必要な時代だと思っています。

  5. #9 投稿者: blue_harley (2011年2月8日 - 3:23 am)

    知りませんでした。近所にそんな耳の野良がよくいます。

    耳の欠けた人の温もりを知っている猫。

    切ないです。。。。

    • #10 投稿者: mos (2011年2月8日 - 1:19 pm)

      猫はたくましいので一人になっても生きていく子が多いとは思いますが・・・。
      一度家族として迎え入れたのならその子の一生を見守ってあげてほしいと思います。

  6. #11 投稿者: ホワイト10 (2011年2月9日 - 4:13 am)

    こんにちは。
    ボランティアの方の熱意には、言葉もないです。
    野良猫たちは、好きでなったのではないだけに、切ないですね。
    耳のこと、初めて知りました。
    写真の猫も暫しの間でしたが、mosさんの優しさに触れられて喜んでいたように思います。

    • #12 投稿者: mos (2011年2月9日 - 1:07 pm)

      こんばんは。
      田舎でしたらごはんちょうだい、と寄ってくる野良もいますが・・・。
      この猫は写真をとりながら頭と首をなでるとうれしそうにしていました。
      元気に生きてほしいものです。

  7. #13 投稿者: 弾正 (2011年2月9日 - 4:38 am)

    なるほど、知りませんでした、耳に欠けがある猫ですか…。
    ここは田舎なのか、見掛けたことないです。

    野生化させられる家猫ですか。
    哀しいですね。

    • #14 投稿者: mos (2011年2月9日 - 1:08 pm)

      田舎だと野良ものんびりして人になれていることが多いみたいです。
      人々が余裕なく暮らしている街では野良のいる場所はいつも日陰です。

  8. #15 投稿者: 風魔 (2011年2月10日 - 9:18 am)

    本当にボランティアの方々には頭がさがります。
    テレビなどの影響でネコがまたブームになりそうだそうです。
    最初はカワイイ流行っているからというだけで買っていく人たち。
    理由はそれだけでもいいと思うけどだったら最後まで面倒みろよ家族なんだから!
    すみません・・・
    捨てられた子たちは野生にかえらなくてはいけないけど
    いつまでたっても完璧にかえることはできず人のぬくもりを求めています。

    • #16 投稿者: mos (2011年2月10日 - 11:13 am)

      こんばんは。
      自分はペットという言葉が昔から嫌いでして、家族と呼んでいます。
      ちょうど自分がかわいがっている子供を暖かい部屋から追い出して外に放置するような行為が犬・猫を捨てることではないでしょうか。
      以前から考えているのはやはり想像力の欠如したまま生きている人間が多いということです。
      子供を横に乗せて運転しながらタバコを吸う母親とかを見ると純粋に吐き気を催します。
      自分のことで精一杯、っていうのは言葉としてはありですが、見方を変えると自分のことしか考えていない、ということなのかもしれません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中