2012年6月 のアーカイブ

想い

私はテレビをほとんど見ません。どのチャンネルをまわしても似たようなタレント、芸人。

人を小馬鹿にして笑いをとろうとする。

正義感とは何か?強いモノに媚びることが正しいのか、今のマスコミは。

村上春樹さんの書籍からの引用を使えば、まさに「道ばたのひからびた犬の糞」だ。見る価値もない。

—-

何か世の中は混沌として単純なことも複雑になってからんだ糸をほぐすことも困難だ。

そんな時だからこそ人の優しさ、とか純粋な想い、とかを大事にしたい。

自分のことで精一杯にならずに。

 

Touring through the deep forest

Bronica S2A + Nikkor50mmF2.8 / Fuji PRO400H

, , , , ,

14件のコメント

Sportster Forty-Eight

お久しぶりです。
気がついたら数週間が経過していて、まるでこんこんと眠っていたかのような感じ。

これではいかん、と一念発起してがんばって更新してみる。皆さんのところもご無沙汰しておりますのでのちほどお伺いしますね。

ディーラーに預けてあった Fatbobの車検が無事に終わったというので、引き取りに向かったわけです。

引き取った帰りに、最近手に入れたポラロイドカメラで写真でもとろうかと思ったりしてカメラ持参で。—

所は変わってディーラーにて。
店長と談笑していると「試乗車に乗ってみませんか?」とのささやきが。

少し躊躇したけど、乗ってみましたよ、スポーツスターの1200。

正式名称は XL1200X

試乗車におきまりのエンジンガードはともかくとしてかっこいいね、新しいスポーツスター!

ディーラーをでて港湾方面に走って行ったわけですが、コーナーもきゅっと曲がる感じだしUターンもしやすい。

以前のmodelは乗りにくさもあったとのことですが。

ファットボブとは違ってニーグリップということをとことん無視して拒絶するそのデザイン。

おまけにフォワードコントロールなんでおしり荷重で曲がっていく感じなので最初不安を感じたものの、慣れてみるとこれも楽しい。

ああ、また悩みをかかえちまった(笑)。

@ @ @ @ @ @ @ @ @ @ @ @ @ @ @

さて、今回の写真ですが、

Polaroid LAND340 Automaticっていうピールアパートタイプのフィルムを使うやつを使って撮影してます。

よくあるポラロイドとは違って撮影してもシートはでてこないタイプ。

一枚撮影したらシートを引き抜いて所定の時間が経ってから表紙をはがしてできあがり。

私の場合、ポジのシートではなくて本来捨てる側の表紙の方を取っておいてそれをスキャンしてネガ→ポジに変換してます。

「ポラロイド風」みたいなデジタルの加工とは違って、アナログ特有のなんともいえない味もあるじゃあないですか。

さて、悩みの行方は?

, , , , , , ,

16件のコメント