「MotorCycle」カテゴリーの投稿アーカイブ

Sportster Forty-Eight

お久しぶりです。
気がついたら数週間が経過していて、まるでこんこんと眠っていたかのような感じ。

これではいかん、と一念発起してがんばって更新してみる。皆さんのところもご無沙汰しておりますのでのちほどお伺いしますね。

ディーラーに預けてあった Fatbobの車検が無事に終わったというので、引き取りに向かったわけです。

引き取った帰りに、最近手に入れたポラロイドカメラで写真でもとろうかと思ったりしてカメラ持参で。—

所は変わってディーラーにて。
店長と談笑していると「試乗車に乗ってみませんか?」とのささやきが。

少し躊躇したけど、乗ってみましたよ、スポーツスターの1200。

正式名称は XL1200X

試乗車におきまりのエンジンガードはともかくとしてかっこいいね、新しいスポーツスター!

ディーラーをでて港湾方面に走って行ったわけですが、コーナーもきゅっと曲がる感じだしUターンもしやすい。

以前のmodelは乗りにくさもあったとのことですが。

ファットボブとは違ってニーグリップということをとことん無視して拒絶するそのデザイン。

おまけにフォワードコントロールなんでおしり荷重で曲がっていく感じなので最初不安を感じたものの、慣れてみるとこれも楽しい。

ああ、また悩みをかかえちまった(笑)。

@ @ @ @ @ @ @ @ @ @ @ @ @ @ @

さて、今回の写真ですが、

Polaroid LAND340 Automaticっていうピールアパートタイプのフィルムを使うやつを使って撮影してます。

よくあるポラロイドとは違って撮影してもシートはでてこないタイプ。

一枚撮影したらシートを引き抜いて所定の時間が経ってから表紙をはがしてできあがり。

私の場合、ポジのシートではなくて本来捨てる側の表紙の方を取っておいてそれをスキャンしてネガ→ポジに変換してます。

「ポラロイド風」みたいなデジタルの加工とは違って、アナログ特有のなんともいえない味もあるじゃあないですか。

さて、悩みの行方は?

広告

, , , , , , ,

16件のコメント

花見は険しく

4月。

面倒くさい仕事の山も少し落ち着き、走りに行こうとは思うが終末になると雨が降ってくる。

うんざりしながら日々を過ごしていると、なんとか晴れの予報がでた日曜日。

久し振りに奈良でも走ろうかなと朝6時にハーレーで走り出した。カメラはブロニカS2Aに75mm、150mmのレンズを持って行った。

名阪経由で針まで抜けて369,166,169号線を乗り継ぐと大滝ダムに到達するので湯盛温泉のところまで進み、トンネル手前で左に曲がるとみたらい渓谷につながる県道21号線への細道に入ることができる。
石が転がってたりガードレールのない崖があったりで険しい道だし、グーグルマップをかなり拡大しないと見えてこない。っていうか地元の人以外でここを通る人はほとんどいないだろう。

何回か走っている道なので慣れてはいるが、今回は土砂崩れの看板がでていた。・・・え?・・・

どこまでいけるかな?と走って行ったが、湿った落ち葉だらけの道は徐々に轍もなくなってきた。つまり、車がほとんど通っていないということを意味する。

favorite road or not

Bronica S2A + Nikkor 75mm2.8 / Fuji RealaAce

これは厳しいかなあ、と思いつつ進む。当然のことだが対向車はいないし、バイクを止めて一服しても聞こえてくるのは鳥の声だけ。

さらに数キロ進むと道は土砂に飲み込まれていて消えてしまっていた。

Bronica S2A + Nikkor 75mm2.8 / Fuji RealaAce

改めて自然の力を思い知ることとなったが、なんとかUターンして戻らなくてはいけない。

止むを得ず169に戻り、大回りをして309方面へ向かったが吉野のあたりで交通規制があり、迂回しつつ309へ向かった。

しかし花見客の渋滞に巻き込まれ、適宜脇道に逸れてみたが、これも花見と言えるかも知れない。

reflection

Bronica S2A + Nikkor 75mm2.8 / Fuji RealaAce

さすがに気力も落ちてきたし、結局みたらい渓谷に行ったが険しいハイキングコースを10分ほど歩いたらあきらめてしまった。

今回も何をしに行ったんだろう、という感じになってしまった。

バイクも自分もだいぶ汚れてしまったが、帰ったら帰ったで懲りずにまた走りに行きたくなる。
バイクはいいですよ、バイク。

,

14件のコメント