「Touring」カテゴリーの投稿アーカイブ

花見は険しく

4月。

面倒くさい仕事の山も少し落ち着き、走りに行こうとは思うが終末になると雨が降ってくる。

うんざりしながら日々を過ごしていると、なんとか晴れの予報がでた日曜日。

久し振りに奈良でも走ろうかなと朝6時にハーレーで走り出した。カメラはブロニカS2Aに75mm、150mmのレンズを持って行った。

名阪経由で針まで抜けて369,166,169号線を乗り継ぐと大滝ダムに到達するので湯盛温泉のところまで進み、トンネル手前で左に曲がるとみたらい渓谷につながる県道21号線への細道に入ることができる。
石が転がってたりガードレールのない崖があったりで険しい道だし、グーグルマップをかなり拡大しないと見えてこない。っていうか地元の人以外でここを通る人はほとんどいないだろう。

何回か走っている道なので慣れてはいるが、今回は土砂崩れの看板がでていた。・・・え?・・・

どこまでいけるかな?と走って行ったが、湿った落ち葉だらけの道は徐々に轍もなくなってきた。つまり、車がほとんど通っていないということを意味する。

favorite road or not

Bronica S2A + Nikkor 75mm2.8 / Fuji RealaAce

これは厳しいかなあ、と思いつつ進む。当然のことだが対向車はいないし、バイクを止めて一服しても聞こえてくるのは鳥の声だけ。

さらに数キロ進むと道は土砂に飲み込まれていて消えてしまっていた。

Bronica S2A + Nikkor 75mm2.8 / Fuji RealaAce

改めて自然の力を思い知ることとなったが、なんとかUターンして戻らなくてはいけない。

止むを得ず169に戻り、大回りをして309方面へ向かったが吉野のあたりで交通規制があり、迂回しつつ309へ向かった。

しかし花見客の渋滞に巻き込まれ、適宜脇道に逸れてみたが、これも花見と言えるかも知れない。

reflection

Bronica S2A + Nikkor 75mm2.8 / Fuji RealaAce

さすがに気力も落ちてきたし、結局みたらい渓谷に行ったが険しいハイキングコースを10分ほど歩いたらあきらめてしまった。

今回も何をしに行ったんだろう、という感じになってしまった。

バイクも自分もだいぶ汚れてしまったが、帰ったら帰ったで懲りずにまた走りに行きたくなる。
バイクはいいですよ、バイク。

広告

,

14件のコメント

霧の中を走る

お久しぶりです。
なかなか忙しくてツーリングにも行けなかったけど、新しいカメラも購入したし、ということで出掛けてみました。

買ったのは Zeiss Ikonta SuperSixっていう折りたたみ式の蛇腹カメラです。

Super Ikonta BX、とか 533/16、とか SuperSixとかいろいろと呼び名があるようでフィルムは 120のブローニーで 6x6cmの写真が撮れます。最短撮影距離は 1.5mなのでまったく寄れない。

まあ、一眼レフじゃなくてレンジファインダーなので寄って撮る、ということはなくて目の前の風景を切り取る感じでしょうか。このカメラは東京のカメラ店から整備済みのものを通販で購入したものです。動作もきびきびしているしファインダーもきれいなのでとても安心しました。

子のカメラ、レンズは Tessar 80mmF2.8で K37のかぶせ式フィルターが使えます。
K37なんていう規格のものは市販がないのでケンコーのサイトで受注生産を受けて付けてくれます。下の写真はそうして発注したY2をつけているところ。

ドイツの Zeiss社が 1937年頃から10年ぐらいの間発売していたもので当然のことながら自分が生まれるはるか前のもの。
いろいろとカメラをいじってきたけど最終的に持ち運びが便利でかさばらない、ってのが自分的にはいいです。ただ、ちょいと重いけど。

続きは下をクリックしてください。
続きを読む »

, , , , ,

10件のコメント