「GT-X970」タグのつけられた投稿

vuescanを使ったモノクロフィルムのスキャン

こんばんは。mosです。

その後フィルムのスキャンはいつも vuescan + GT-X970でやっているのですが、自分向けのメモも兼ねてモノクロフィルムをスキャンするときのワークフローをメモしておきます。

以前のエントリーについては

vuescanを使ったネガフィルムのスキャン(その1)

vuescanを使ったネガフィルムのスキャン(その2)

を参照してください。

[A]  RAWスキャン

以前にお話したような感じですが、

  • スキャンサイズはブローニーなので 1600dpi ( プレビューは800以下で十分)
  • 本来モノクロの場合にはスキャンビット数を 16bitグレーにするのが普通ですが、なぜかすごく時間がかかる。

16bit グレーの場合、一枚のスキャンに5分ぐらいかかったりする。一服しながらコーヒーを飲み終えてもまだ一枚終わっていないときもある。

本来 グレースケールには RGB情報・チャンネルがないのですが、ここは疑似的に 48bit RGB にしちゃいます。対象もカラーネガに。

(注意)モノクロフィルムは本来 16bitグレーで読み込むのが正論とは思うのですが、時間がかかるので「私の場合は」こうやっている、と解釈していただけると助かります。

なお、最初はバッチスキャンは「オフ」にしておきます。(露出のロックの操作が必要だから)

  1. 最初のプレビュー(↑)・・・妙な色になるけど気にしない
  2. フィルムの露光していない部分をマウスで矩形に選んで(対応するフレームナンバーになる)「露出のロック」をチェックしてもう一回プレビュー
  3. 各フレームの位置をフレーム枠の中央をドラッグして調整(2. で使ったフレームは「切り抜き」タブで「 6 x 6 cm 」にしてから調整)
  4. すべてのフレームもしくはリストでスキャンしたいフレームを記載(1,2-4, 6とか)して 48bit RGBでスキャンして出力(注)する。

スキャン時間は一枚あたり1分数十秒ぐらい。16bitグレーのときの1/3以下です。

[ 2012/04/10 追記 ]

RAWファイルの書き出しの bit数ですが、16bit グレーです。

訂正させていただきます。(48bitRGBでも問題はないようです)

[B]  RAWファイルの読み込み・調整・TIFFへの書き出し

[A]でスキャンしたファイルは 48bit RGBの RAWファイルになっているので、読み込みメニューの設定は

切り抜きタブは 「最大」でいい。プレビューとスキャンの解像度は一緒でいいでしょう。(プレビュー・スキャンともに時間がかからないし)

プレビューの例。良い感じ。

16bit グレーでRAWでも一緒ですが、あくまで”RAW”なので調整をしたい。

対象が白っぽい花びらなのにちょいとハイライトがとんでいるようにも見えるのでホワイトポイントを右に動かしてハイライトの成分を拾ってあげる。

トーンカーブも適宜調整して

書き出しは当然、16bit グレーで。

仕上がったものを Lightroomに読み込んで焼き込み・覆い焼きをちょいとして微調整したものが

ではまた。

広告

, , , ,

11件のコメント

青山高原に向かって(ツーリングその2)

前回の続きです。
時間もできたし天気もいいので久しぶりに走り出した午前6時。

カメラは中判の Kiev-60、レンズはArsat80mmF2.8でフィルムは Portra400。

奈良の県道28号線を抜けていき、県道81号線で曽爾高原~香落渓を抜けてひたすら北上していくと国道165号線にでることができるけど、国道は走っていてダルいので県道を走り次いで青山高原に向かった。
この中でも県道755号線は狭い上にアップダウンが強くて険しさ満点。

そうして国道165号線に抜けてから青山高原道路(県道512号線)を北上すると青山高原に着く。幸い時間も早かったので特に車・バイクに出会うことなくウィンドファームに到着してしまった。

ウィンドファームの風車はどれも止まっていていつもの風切り音がしない。空は晴れそうで晴れないし肌寒い。

あちこち歩き回ったが特にいい被写体もないので上ってきた道を再び下っていく。道はそれなりにコンディションもよく、カーブをクリアしくにつれて徐々にからだのリハビリも進んで調子もよくなった。

もうじき国道かな、と思っていた手前で妙な公園を見つけた。バイクを止めて散策するとずいぶん古くに放棄された公園のようで、池であったらしきところには無数の枯れ葉が重なって流れのない水が淀んでいた。奥にあるコンクリートの建物に入る。

at the abandoned place

なんだろう。おそらく上に登って遊ぶためのチェーンのようでもあるが、何故か長くここにいてはいけないような気持ちになるような・・。
外のベンチもいい味をだしている。

abandoned place

まあいわゆる廃墟ですかね。

地面はぬかるんで足をとられそうな場所だし、写真を撮ってさっさと離れることにした。あまり出入りしないほうがいいかもしれません、ここは。

気分を変えて国道にでて適当に走って名阪~西名阪道で帰宅。走った距離は240kmぐらい。

朝イチにでかけて写真を撮って帰ってくるにはちょうどよい距離のようにも思える。

<写真はナニワカラーキットSを倍希釈したものでの現像(ブローニーで8本目ぐらい)。色・トーンは以前紹介した vuescanの filmbaseデータと exposure lockで行っています。>

いずれにしても iso400の中判カラーフィルムは Portra400で行こう。iso100は Ektar100もいいけど発色がはでなので Fujiのものを試してみようかと思う。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

, , , , , ,

14件のコメント